シンガポールでタバコが吸えないは嘘?実際に行って調査してきました。

シンガポールといえば「タバコに厳しい国」というイメージがあると思います。

確かに1箱1000円以上しますし、ポイ捨てに罰金が科せられるので、そのイメージは当然だと思います。

でもタバコは売ってます。コンビニにも日本みたいに見えるところにはないですが言えば出してもらえます。

「シガレット マルボロ レッド」みたいな感じですね。

「赤マル」って言ってるのと同じですね。

普通に売ってるのに吸えない?矛盾してます。

実際に行ってきた感想は、、、

「日本より吸いやすい気がするww」

なぜ日本より吸いやすいと感じたか。

それは、道に灰皿が数十メートルおきに置いてあるんです(・∀・)b

もちろん室内で吸えるところは皆無だと思うんですが、外なら日本より吸う場所がありました。

人通りのかなり多い「オーチャットロード」

日本の表参道みたいな感じ?

そこでも普通に灰皿が置いてありました。現地人も普通に吸ってますしね。

なので、喫煙者の人もそれほど心配する必要はないと思いますよ(・∀・)b